トップページ > 《福岡の新築戸建住宅》西部ガスリビングの家づくりとは

西部ガスリビングの家づくりとは

西部ガスリビングの家づくり 九州邸宅

建てるのは、満たされた人生でありたい。

家は、地に根ざすもの。その土地にしか咲かない花があるように、九州には“九州の家”があるべきです。風景と調和し、建築物として上質であることはもちろん、九州に暮らす豊かさを、誇りを、安らぎを、日々実感できる家。それをカタチにできるのは、九州の生活文化を知りつくした提案力と気遣い、いつも身近にいて、家屋だけでなく人生すべてをサポートできる強い絆です。西部ガスリビングの戸建て住宅は、提携建築士のデザイン力と細部まで熟練した棟梁による作業にこだわった永らく愛し続けられる家。さらに、西部ガスグループのネットワークで設備からセキュリティまで、九州に根付く信頼のネットワークでご家族の毎日をお包みします。家を建てることは、この街を舞台に人生の大きな花を咲かせることでありたい。ずっと住まいづくりを見つめてきた西部ガスリビングが提案する「九州の家」は、この街に暮らすあなたの、生涯の財産にふさわしい大きな満足をお約束します。

職人の技 伝統構法から生み出される木の家

伝統構法では木材の接合技術「木組み」だけで家をつくります。釘などの金物に頼らず、木の性質に合わせた木材加工を熟練の職人がつくりだします。
木に対する確かな選別眼、自然素材を使った上質な仕上がりに加え、大胆な構造美を生かした設計力が、西部ガスリビングの強みです。

伝統構法の木組み
リビングで遊ぶ子供

木の温もりに包まれる

熟練の職人だけが生み出せる木造の家。
木は呼吸をしています。空気を吸収し、放散しながら、周囲の温度が一定になるように自動調整する能力を持っています。蒸し暑い夏、乾燥する冬でも木の家は快適です。

木組み01
木組み02

100年住み継ぐ家

SGLは100年住める家づくりを目指します。そのために行き着いたのが「伝統工法」の良さを取り入れた家づくりでした。木の性質を知り、継承された技術を持つ職人の技が、曾孫の代まで大切に住み継がれる家づくりにチャレンジします。

時の経過と共に“絆”を育む家

お客さまの思い描く夢やこだわりを実現する注文住宅。生活の変化にも応えられるような将来を見据えた家族の“絆”を育む家をご提案します。

家づくりの主役はお客さまです。気配りや思いやりを大切にし、アフターフォロー・建物診断・セキュリティーなどのトータルサポート体制で住まいの安心を支え、お客さまとの“絆”も育んでゆきます。

リビングの風景
伝統構法とは 100年住み継ぐ家はこちらです
西部ガスリビングにお客様が思い描く新築戸建住宅の家づくりをお聞かせください。
福岡の新築に関してお電話でのご相談はこちら
福岡の戸建て住宅に関してお問合せ・資料請求はこちら