トップページ > よくある質問 > 伝統構法の良さを取り入れた家づくりとは具体的に何ですか?

よくあるご質問

伝統構法について 西部ガスリビングの家づくりについて 家づくりの流れについて

伝統構法の良さを取り入れた家づくりとは具体的に何ですか?

日本の伝統木構造を現代の家づくりに生かしたものです。

具体的には、以下の特徴があります。
・極力、釘などの金物に頼らず、職人の手刻みによる木材の接合「木組み」を採用
・構造材は、無垢の九州産木材を使用し、それぞれ木の特性を生かした加工を施す
・「木組み」の構造美を生かした設計
・九州の気候風土に合った家づくり
・環境にやさしい自然素材

Q&A 一覧へ戻る

類似する質問

西部ガスリビングにお客様が思い描く新築戸建住宅の家づくりをお聞かせください。
福岡の新築に関してお電話でのご相談はこちら
福岡の戸建て住宅に関してお問合せ・資料請求はこちら