トップページ > お客さまの声(施工事例) > 福岡県 A邸宅

お客さまの声(施工事例)

アンティーク家具をいかし伝統を残した家づくり。

福岡県 A邸宅

●敷地面積:231.36㎡(70.00坪)●建築面積:121.57㎡(36.8坪) ●述べ床面積:145.84㎡(44.1坪) ●建物規模:木造2階建 
●家族構成:お父様+ご夫婦

日本の伝統美をいかした空間。

明治時代から受け継いだ家なので古くなったとはいえ建て替えるのはためらって いました。そんな私の背を押して下さったのが、伝統を残しつつ新築する方法を提案してくださったスタッフさんです。

私がアンティーク家具に凝っていて、棚や椅子、障子の枠、建具を集めていましたから、「この家具や建具に合わせて家をつくりましょう」と。大正時代の建具は現代の規格に合わないので、襖の寸法に合わせてつくるのは大変だったと思いますが、日本の伝統美をいかして予想以上の空間に仕上げてくれました。

思い出も一緒に作ることができました。

アンティーク家具に新しい木材は雰囲気が合わない、塗装では味気ない。そこで、決まったのが「焼き杉」でした。柱、梁などをバーナーで焦がし、やすりで削って風合いを出すのです。すべて手作業ですから膨大な時間がかかりますが、営業・設計スタッフなど総出で手伝ってくださりました。私も参加したのですが、みなさん、すすで顔が真っ黒になっていて今でも思い出すと笑ってしまいます。

たくさんの人に愛される家です。

工事中は進捗状況が気になるようで、営業さんは打ち合わせがなくても、よく足を運んでくださりました。今でもこまめに連絡をくれて、この家に愛着を持ってくださるのが伝わりますね。1階広間は私の仕事である写真館の衣装合わせにも活用していて、お客さまから「雰囲気が好き」と喜ばれます。私自身も仕事が楽しくなりました。(ご主人さま 談)

  • 「お客さまの声」一覧へ戻る
西部ガスリビングにお客様が思い描く新築戸建住宅の家づくりをお聞かせください。
福岡の新築に関してお電話でのご相談はこちら
福岡の戸建て住宅に関してお問合せ・資料請求はこちら