トップページ > 伝統構法

伝統構法とは

伝統構法とは〜100年住み継ぐ家〜

九州邸宅は伝統構法を取り入れることで心地よく、長く住み継ぐ家を目指します。木がもたらす自然の温かみ、それがもたらす家族の豊かなコミュニケーション。住めば住むほど愛着が増す、100年住み継ぐ家づくり。九州邸宅が行き着いたのが「伝統構法」を取り入れた家づくりでした。

伝統構法 建物の特徴

伝統構法の木造建物は、継ぎ手・仕口部に金物をほとんど使用せず、「柱と梁・桁・貫・足固め」等の横架材が中心の軸組みや土壁等によって構成された特徴を持つ伝統的な建築方法です。

木のぬくもり

【自然素材住宅】
現在の住宅は、高気密・高断熱化が進み、新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材を多用することにより、室内環境が化学物質等に汚染され、化学物質アレルギーや、アトピー、シックハウス症候群が健康を脅かす深刻な問題となりえます。
一方、伝統構法木造建物は主に自然素材である木材や土壁で構成されているため、シックハウス症候群やアレルギーの原因と考えられる化学物質をほとんど含有しておらず、室内環境が自然豊かで木のぬくもりを感じる健康的な住宅です。

木のぬくもり画像

住宅寿命が長い

現在の住宅は柱や梁等の構造体が壁で覆われているため、湿気が籠った状態となり、構造体を腐らせ、結露等による結合金物の腐食が問題となることがあります。
しかし、伝統構法の木造建物は、土壁が湿度を調節し、部分補修等のメンテナンスが容易であり、木材が常に空気の流れに触れ、呼吸することで長持ちする。このように、常に木組みの構造体が目に触れることで、維持管理をしながら建物の寿命を延ばすことが可能です。

木組画像

地震に強いつくり

伝統構法の建造物は、木材のめり込みと木組みの粘り強さの特性を活かし、「初期剛性」は低いながら大きな「変形能力」を有しており、しなやかに変形することによって「力を吸収しながら倒壊を防ぐ」優れた能力を有しています。
伝統構法の木造建物は、基礎と建物を緊結せず、礎石の上に柱を直接置く「石場建て」により構成されます。この「石場建て」の建物での振動実験では、一部土壁の剥落等の損傷が見られながらも、倒壊しないことが確認されました。
大地震時には、柱脚が最大20cm程度滑ることで、建物に生じる地震力が低減されていることが明らかになっております。

木組画像2

夏は涼しく、冬は暖かい

伝統構法木造建物の壁の多くは「真壁式土壁」であり、一般的な「在来軸組工法建物」に比べて熱容量が大きく、「熱しにくくかつ冷めにくい建物」であると言えます。
そのため、過ごしやすい室内温熱環境が形成されるとともに暖冷房負荷を軽減できる効果も期待できます。

また、土壁が室温の湿気を吸い取ってくれる調温性能により、室内の湿度が一定に保たれる事で快適な住環境となることも大きな魅力です。

土壁塗り
西部ガスリビングにお客様が思い描く新築戸建住宅の家づくりをお聞かせください。
福岡の新築に関してお電話でのご相談はこちら
福岡の戸建て住宅に関してお問合せ・資料請求はこちら